04

ブランディング事業

Branding Business

ブランドとは資産である。

ブランドとは、有名、無名、規模の大小に関わらず、消費者が特定の会社や商品、サービスとして識別する、そのイメージのこと。
ブランディングとは、ブランドの「らしさ」「持ち味」「魅力」を突き詰めてイメージを定め、その価値をターゲットである消費者に感じてもらい、ファンをふやすための活動のことです。

つまりそれは、売れ続ける仕組みづくり。マーケティング戦略とともに、経営戦略から一貫して計画、実行していくことで、会社や商品、サービスが、多くの中から選ばれる存在になるのです。

ブランドアイデンティティ(BI・企業の旗印)は、経営者が旗振り役となり、実行すべきです。

ブランディングによって、下記のメリットが期待できます。

競合との差別化

価格競争
からの脱却

顧客の
ロイヤル化

社内
モチベーション
の向上

優秀な人材の確保


ブランディングによりブランドイメージが確立・向上してそのブランドに「付加価値」が得られると、他の類似商品やサービスとの差別化が図れます。
差別化は価格競争からの脱却につながります。
その「付加価値」に魅力を感じた消費者がファンとなり、ロイヤル化すると、リピート率が上昇し、長期的な利益が期待できます。
人気ブランドを保有する企業の社員は自然と業務に対するモチベーションも上がり、採用においても、優秀な人材が集まりやすくなるのです。

ワークフロー

Share(課題のシェア)

念密なヒアリングのもと、お客様と現状の課題を共有します。

  • ヒアリング
  • リサーチ
  • マーケティング

Planning(コンセプトと計画)

課題解決の指針を提示し、プロジェクトのゴールを設定します。
※計画に必要な外部ブレーンと チーム編成を行います

  • プランニング
  • コンセプトワーク

Creative(デザインの可視化)

最適なアウトプットメディアを選定し、機能するクリエイティブを行います。

  • グラフィック
  • Webサイト
  • 動画

Promotion(ひきつける仕組み)

ユーザーに効果的に伝えるためのプロモーション戦略を行います。

  • プロモーション

Make Fan(ファンを増やす)

SNSなどで、ユーザーと持続的なコミュニケーションを行います。

  • SNS

このプロセスを継続し、お客様と一緒に長く愛される“ブランド”に育てる


サポート内容

  • トータル
    ブランディング
  • コーポレートマーク
    ブランドロゴマーク
    作成
  • 公式キャラクター
    作成
  • ブランドブック
    コンセプトブック
    作成
  • 商品ラベル作成