補助金・助成金を活用して販路を開拓!

補助金・助成金の活用で、初期投資を抑えてホームページ・ECサイトを制作できます。

クライアント名:滋賀県の企業様・店舗様

コロナ禍に突入して2年が経過し、人々の生活様式が一変しました。外出機会の減少やリモートワークの普及が進み、自宅で過ごす時間が増加。その変化に伴い、消費者としての行動も、インターネットやSNSで商品情報を収集したり、ECサイトの利用が増加するなど、急速にオンライン化が進んでいます。企業や店舗側も、デジタル化を前提とした顧客の意向に沿うよう変化が求められています。

とはいえ、ホームページ制作・リニューアルECサイト制作は、専門の制作会社に依頼すると高額のコストがかかってしまい、なかなか踏み切れない企業も多いのではないでしょうか。

実は、企業のIT導入や、持続的な経営に向けた販路開拓を支援する補助金があり、当社のお客様においても多数採択実績があります。

これを機にホームページを制作したい!リニューアルをしたい!ECサイトを導入したい!とお考えの企業様は、予算内で最大の成果を発揮できるサイトをご提案いたします。ぜひこの機会にお問い合わせください!

 

ホームページ・ECサイト制作は販売促進戦略が大事

ホームページ制作・リニューアルや、ECサイトの制作を計画する際、最も大事なことは「成果につながる道筋をきちんと立てること」つまり、「販売促進戦略を立てること」です。

ホームページやECサイトを整備すれば、勝手に問い合わせや売上が増えるのかというと、やはりそうはいかないのが現実。
ホームページ・ECサイトの制作を検討する段階で、「誰に向けて何の情報をどうやって発信し、問い合わせや売上につなげていくのか」の具体的な方法までをしっかり計画しないと、「ホームページを作ったのに問い合わせがない」「ECサイトからの売上がない」状態に陥ってしまいます。

<実店舗のあるお店がECサイトを開設した場合>

ECサイトを整備したのち、そこにユーザーを流入させるルートを確保する必要があります。
各種SNSでECサイトの存在と更新情報、キャンペーン情報などをこまめに発信し、ECサイトへの入り口を示しましょう。また、実店舗の来店客に対してもECサイト開設を周知しましょう。QRコードを印刷したチラシやショップカードの配布、店内ポスターの掲示、地域情報誌への掲載などでECサイトの認知を広めましょう。実店舗のリピーターからECサイトの口コミを拡げてもらえるよう、情報拡散キャンペーンの企画も有効です。

<ECサイトのみで実店舗をもたないオンラインショップの場合>

SNSを活用したECサイトの情報拡散は当然のことながら、実際に商品を購入してくれた顧客に対して、リピーターになってもらえるような施策を打ちましょう。
配送する商品に、別の商品の紹介チラシや、ショップのコンセプトを深掘りしたコンセプトブック等を同梱して、「また買いたい」「このお店好きだな」と感じてもらえる工夫をしましょう。

クロスメディア戦略が成果のカギ

人々の消費行動がデジタルシフトしているからといって、プロモーション戦略をデジタルに全振りしてしまうのは早計です。
プロモーションツールは、デジタル媒体とアナログ媒体では性質の違いにより、それぞれメリットとデメリットが存在します。

一つの媒体のみを選ぶのではなく、自社の業種・取扱商品・顧客層・運用体制等に合わせて、複数の媒体を組み合わせて運用することが、成果への秘訣となります。


補助金の利用で初期投資を抑えよう

ホームページ・ECサイトを含めた複数の媒体を導入するのは、やはり資金面でも労力面でもコストがかかります。
そこで、補助金・助成金制度を上手に利用し、初期投資を抑えて販路拡大を目指しましょう。

制度によって条件が異なり、適用できる経費科目も変わります。制度について十分に調査したうえで、何に使うのかを慎重に検討することが重要です。

小規模事業者持続化補助金(一般型)の詳細はこちら(別サイトにジャンプします)

持続的な運用が不可欠

ホームページ・ECサイトは、Web上に存在する無数の見込み客にアプローチできる重要なタッチポイントであることは間違いありません。
しかし、一時期のみ制作・運用するだけで魔法のように成果が出ることはありません。

SEO対策インサイト分析を行う。
掲載情報は常に最新の状態を保つ。
SNS等別媒体からの流入経路を常に発信し続ける。
上記のように持続的に手をかけていくことで、徐々に効果が見えてくるのです。

しかし、実際運用を始めてみると、これがまた大変な作業です。通常業務に忙殺されてなかなか思うように作業が進められない場合もあるかもしれません。その場合は、外部業者のホームページ運用サポートを利用することも検討しましょう。




補助金を利用して新たな販路拡大を検討されているなら、ぜひお気軽にご相談ください。
販売促進戦略からその後の運用サポートまで、継続的にご支援させていただきます!

近江印刷お問い合わせフォームへ